便利な使い捨てタイプのカラコン

使い捨てカラコンのタイプごとの違い

使い捨てカラコンのタイプごとの違い カラコンにも通常のコンタクトレンズと同じようにディスポーザブルタイプで衛生的に使用できる商品があります。カラコンはおしゃれ用ですので、通常のコンタクト以上に衛生面に気をつけなければなりません。そういったことも考慮に入れるとカラコンでは使い捨ての方が目への健康を考えるとよりメリットがあってお勧めです。まず使い捨てタイプの種類ですが、最も短いのが毎日新しいタイプのレンズを使用するワンデータイプです。これは毎日使い捨てるので面倒なケアが必要ありません。コンタクトレンズを使用していて最も面倒に感じるのがケアです。特に長期にわたって使用するタイプならレンズの洗浄の他に定期的なタンパク除去も必要です。これらの面倒なケアがワンデーなら不要になります。しかしワンデータイプのデメリットとしてコストが多くかかる点が挙げられます。他のタイプよりもコストがかかっても衛生面の点でメリットを求める方はワンデーがお勧めになります。

ワンデーはコストがかかりすぎるのでもっとコストを下げてカラコンを気軽に使用したいという方にお勧めしたいのが1週間タイプです。これは1週間で新しいレンズに交換をするのでワンデーほどコストがかかりません。コストの面でメリットはありますが、その分ケアが必要になります。しかしタンパク除去は必要ありません。またもっと長く使用できるのが2週間使い捨てタイプのカラコンです。これは人によってはタンパク除去が必要になります。面倒なケアが増えてきますが、その分よりコストを下げながら使用していくことができます。長くカラコンを使用している方にはこのタイプが合っているかもしれません。コストを下げることができるので、複数のカラーのレンズを購入して気分によって変えたりすることができます。

最も長く使用できるタイプが1か月タイプの使い捨てです。これは1か月という長期にわたって使用が可能ですが、その分汚れが大きく付着してしまうものです。そのためより一層しっかりとレンズの洗浄と殺菌をしなければなりません。また定期的なタンパク除去が必要です。しかしメリットとしてコストを最も下げてカラコンを使用していくことができます。使い捨てタイプのカラコンも様々なタイプがあるので自分に合ったタイプを選択しなければなりません。このサイトではそれぞれのタイプでどういった違いがあるのかについて説明しています。それぞれのメリットとデメリットをよく理解し、自分に最も適したタイプを選択するようにしてください。

トピックス

  • [2018年07月25日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年07月25日]
    運営者情報を追加しました。